商品情報

【社会人向け】ビジネスシーンで活躍する手帳(ダイアリー)の選び方

ビジネスシーンで活躍する手帳

毎日を忙しく過ごす社会人は、予定の管理が追い付かなくなってしまうこともあるでしょう。
スケジュール管理をスムーズに行うのなら、やはり手帳(ダイアリー)を持ち歩いて手書きをするのが一番! 手帳であれば思い立ったときにすぐ予定を書き足すことができ、ちょっとしたメモや予定の訂正を加えるのも簡単です。
機能性重視の手帳を持って、スケジュール管理がきちんとできる社会人を目指しましょう。今回は、ビジネスシーンで活躍してくれる手帳の選び方をご紹介いたします。

ビジネスシーンに大活躍! 手帳(ダイアリー)の選び方

社会人らしい手帳とは一体どのようなものなのでしょうか。デキる大人になる手帳の選び方を、タイプ別にチェックしていきましょう。

マンスリー(月間ブロック)

マンスリー(月間ブロック)

月の予定を一目で確認できるフォーマットを「マンスリー」といいます。カレンダーと同じような形になっているため、なじみがありシンプルで使いやすいのがポイント。
大まかな予定をマンスリーの手帳に記入し、日々の細かな予定はスマートフォンに保存しておくなど、手帳とスマホを併用するという方法もおすすめです。
月間ブロックの枠内を見やすくキレイに書き込みたいという場合には、ブロック内に方眼罫が入っているものを選びましょう。
また、「月間ブロック」ページが各月2つある「ダブルスケジュール」という特殊なダイアリーもあります。仕事とプライベートの予定を分けて記入できるので、会議中に予定を書き込む際、同僚にプライベートのスケジュールが見えてしまうという心配がありません。

ウィークリーレフト(週間+メモ)

ウィークリーレフト(週間+メモ)

ウィークリーの手帳は、1週間分の予定をしっかりと書き込みたいという方におすすめです。とくに、手帳の左側が週間のスケジュール欄、右側がメモ欄になっている「レフト」というフォーマットを選ぶと、予定とメモを同時に書き込むことができるのでとっても便利!
右側のメモ欄にToDoリストを書いておけば、左側のスケジュール欄を見ながらタスクをこなすことも可能です。
ポーチダイアリー」は、ダイアリーのカバーに筆記具やスマートフォンなどをひとまとめにして持ち運ぶことができます。社内外での移動が多い方におすすめです。

ウィークリーバーチカル

ウィークリーバーチカル

バリバリと仕事をこなしているビジネスパーソンは、スケジュールの管理はもちろん、その日1日の時間管理も重要になります。出社する前に取引先に立ち寄り、ランチミーティングをしたあとはプレゼンを行って……と時間に追われながら目まぐるしく動いている日もあるでしょう。
このようにスケジュールが立て込んでいる方にぴったりのが、「ウィークリーバーチカル」のフォーマットです。1日分のスペースが時間ごとに割り振られているので、詳細なスケジュール管理が簡単に行えます。次の予定を一目で確認できるため、「次の約束を忘れていた!」といううっかりミスを防ぐことにもつながります。
ミドリの長年のベストセラー「PRD-8」。A5スリムサイズでたくさん書き込める上に持ち歩きしやすいのが魅力です。

大切なのは中身だけじゃない! 外見へのこだわりも重要

ビジネスシーンで使用する手帳を選ぶときには中身の充実度にこだわることはもちろん、サッとバッグから出したときに、誰の目から見ても違和感のないものをセレクトするのがポイントです。
また、手帳の表紙やカバーがしっかりと分厚くなっているかどうかも要チェックポイント。
手帳をこまめに買い替えると、前の予定を振り返ることができなくなるなどの不具合が出るもの。1年間きちんと愛用するためにも、表紙やカバーがしっかりしているものを選びましょう。

使いやすいと感じる手帳は人によって異なりますが、ビジネスシーンで使用するのであれば、あらかじめ「ビジネス用」として販売されている手帳を選ぶと安心です。
ミドリオンラインストアでは、2018年版の手帳を豊富に揃えています。
持ち運び用のコンパクトサイズのものから、しっかりと予定やメモを書き込む用の大き目サイズのものまでラインナップはさまざま。ご自身の仕事や生活に合わせて最適な1冊を選んでくださいね。